賃貸管理と分譲管理の違い

賃貸管理は建物・設備の保守管理のほかに賃借人を募集することも補助します。

管理の目的は賃貸用不動産の維持と資産価値の向上を図ること、つまりオーナーの利益を確保することです。



ですから賃貸管理を請け負う会社は賃貸仲介会社の子会社が手がけていることも多いです。
他には賃貸物件を建設する建築会社・不動産会社の系列の賃貸管理会社が請け負っています。



また事務所ビル・商業ビルなどの大型賃貸物件になると設備も複雑になるので技術者中心のビル管理会社が管理を請け負います。

一方、分譲管理には家賃収入という利益は発生しませんから建物・設備の管理を補助するのが仕事となります。

ただし各居住部分は各区分所有者の管理下にあるので、管理する場所は共用部、つまり玄関、廊下、エレベーターなどの場所・設備になります。


しかし、一つの建物を複数の人が共有しているので共用部の運営方法には各人各様の意見があり合議が必要になります。



合議を進行させたり纏めたりの補助をするのも分譲管理の仕事です。




分譲管理では各区分所有者の積立てる修繕積立金や毎月集金する管理費の収納・会計事務も基幹業務とされています。


また将来に備えた修繕計画を各区分所有者に提案するのも基幹業務とされています。

賃貸管理と分譲管理の違いは受注先の違いです。

賃貸管理は賃貸物件のオーナー一人のために働き、分譲管理は管理組合という一つの組織から受注しますが実態は区分所有者複数のために働くということです。