img_02

日本家屋の仕切りふすま

日本家屋といえば部屋の仕切りは、障子かふすまと相場が決まっています。
最近は日本家屋が見直されてきています。

畳は無限の可能性に満ちあふれています。

その理由の一つに、夏は涼しく冬は暖かいということが挙げられるでしょう。

日本家屋の場合、風通しが良く、湿気がこもらないと言われています。

これは、住んでいる人間にとっては非常に快適で住みやすいでしょう。

また、夏は涼しく冬は暖かい、というのは、食材の管理にも非常に向いています。もともと日本家屋の場合、風通しを良くするための工夫があちらこちらに見受けられます。


風通しが良いということは、カビなどの原因になる湿気がこもらないので、食材が傷みにくいのです。これは古くから、日本に密着した、風土を考慮に入れてのことです。
日本はほかの国と違い、四季がはっきりと分かれています。

そのため、夏は暑く、冬は寒い、という家屋では四季の変化に対応できないのです。


また、みなさんも一戸建ての住宅や、賃貸マンションなどに住んでいると、暑く感じる部屋と、寒く感じる部屋というのが出てくるかと思います。



それらは、各部屋の通気が良くないために起こる現象です。



日本家屋に用いられるふすまは、部屋の仕切りとしては最高の素材だと言われています。
すぐに取り外せますし、取り外してしまえば、換気もよくなり、各部屋とも平均的な気温になるのです。

また、ふすまは、日本に古くからある仕切りですが、このふすまというものは、日本家屋だけでなく、鉄筋コンクリートの建築物にも応用が可能です。